本当のしあわせとは…

2019年9月まで順調に来ていた…そして10月1日消費税が8%から10%へ上がってから…12月に中国で新ウィルスが発見され…翌2月に横浜港へ旅客船が到着した…あれからもう2年2ヶ月が経過…

まさか世界中がパンデミックになり、感染者が世界で約5億人…
そして死者が621万人…になるなんて…1人の命でも亡くなれば
その家族や友人そして関わった人が泣いたはず…何億という人が
悲しんだことか….

そこへ、今度は世界各地で大地震…私が住んでいる宮城でも震度6
の地震が起きた、そしてロシア・ウクライナ紛争…本当であれば
世界中の人たちが力を合わせて、この地球をそしてそこに住む人々を平和にしなくてはいけないのに…

石油の値上げ、電力の値上げ、食料品の値上げ、事業をやっている
我々経営者も本当に毎日頭がいないのは事実…けど本当にしあわせってなんだろう?

私は医者でもないのでコロナを治すことはできない、政治家でもないのでロシア紛争を止めることもできない、そして石油の値段を下げることもできない…けどそのことに文句をいったり、人のせいにすることはしないようにしている。だって…その中で私たちの代わりに戦ってくれている人たちがいるからだ…

本当にしあわせっていうのは目に前にある。歩ける、食べれる、
笑える、働くことができる、仕事で失敗してお客様へ謝罪に行く、
階段で足をくじく、トイレに行く、お風呂に入れる、布団に寝る。
しあわせはすぐそこにある。そのことに気が付いて日々感謝して
考動し誰かにために動くそれこそが本当にしあわせでないだろうか?私はそう感じている。

改めて謙虚にそして感謝をもって一日一日を過ごしてみよう。
令和4年4月23日(土)

新年度スタート!

2022年4月1日 

初心を忘れず謙虚に生きよう!!そうすれば道は開ける!!

挑戦…

本当に久々(2021.8月以来)にブログを更新します。
今年の書初めは「挑戦」だった…もう2ヶ月が過ぎた。
元旦から始めた筋トレも55日継続、そしてお酒も120日
飲んでいない…自分なりに挑戦している…つもりになって
いた。けど先日息子とお風呂に入っている時に「お父さん
挑戦って書いたけど、何にもチャレンジしてないじゃないか」
と言われた…いつも安全なことだけ、失敗してもいいから新しい
ことにチャレンジしたら!俺もサッカーや勉強できなかったこと
をできるように頑張ってるんだから、と言われてハッとした…

自分のことはやっていたが、家族のこと、会社や社員そして、
事業のビジョンからは目を背けていたことに気付いた…
筋トレ?禁酒?家族?仕事?「そもそも何のために生きてる?」

昨日の自分より、今日の自分を1㎜でもいいから成長させて、
その力で周りの人を動かし、そして事業を通して世間のお役に立つ
ことで対価を頂戴して、社員の幸せや自己実現の手助けをする。
筋トレや禁酒も、私が健康で生きることで家族が安心して生活する
ことができて、笑顔になると信じ毎日毎日生きてきた。けど本当にしたいことは…自問自答してもまだ答えがでない。

毎朝5時に起きて、朝食を食べて、歩きながらゴミ拾いして、会社に
来てから掃除をして、朝礼して、仕事して…何のため?いまの私が言えることは「利他の精神」…を持って生きることだけ…その先はまだ見えていない…今年は心技体を鍛える年になりそうだ。

恩師との別れ…

先日、中学時代の父兄から電話が鳴った…娘が中学時代にお世話になったソフトボールのコーチが亡くなったという連絡だった…

娘が高校までソフトボールを続けることができたことも
中学時代にキャプテンになったのも、そのコーチのお蔭…
家内も娘も心から悲しんだ…(涙)

いつも練習に行くと「おはようございます」と親子程離れた
私に、丁寧に挨拶をしてくれる方でした。娘にもよく声をかけて
くれて、打てない時も「大丈夫大丈夫〇〇ちゃんは打てるから」といつも励ましてくれた(涙)中総体前にチームがバラバラになった
時も「キャプテンの〇〇ちゃんがいるから大丈夫」と声をかけてくれた。そして、いつも試合の前日にキットカット(チョコ)をゲン担ぎで「きっと勝つ」と全選手にプレゼントしてくれた。

いつも笑顔、子ども達をいつも気にかけてくれる優しい人、そして
何よりも娘を信じてくれた人でした…娘にとっても大切な人との別れはつらいと思う…けどいつも天国で「大丈夫大丈夫〇〇ちゃんならできるから」と言ってくれていると思います。子どもは親だけではなくて、先生や地域の人、そしてお友達などに支えられて成長する。コーチとの出会いも偶然ではなくて必然だったと今は思う…
天国でもソフトボールを続けていると思います。ゆっくりゆっくり
おやすみください…本当に今までありがとうございました(合掌)

コロナが教えてくれること…

昨年(2020年2月)横浜港に大型クルーズ船内で、新型ウィルス感染者が出たとニュースで見た…私もその時は対岸の火事で、自分事としては捉えていなかった。それからあっという間に感染者が蔓延して、全世界がパンデミック…そして日本も緊急事態宣言で学校も、会社も停止した。全世界で沢山の方々の命を奪った「コロナウィルス」が伝えたいこと、そして我々に教えてくれていることは何か?私は人間の慢心への警告だと思っている…環境破壊、経済優先の世界、人として大切なことをもう一度思い出して欲しいと神様がくれたチャンス(変化する)なのではないか?

けど沢山の方々が命を奪われているのも事実…神事なんて簡単に言ってはいけない…身近な人の死…遠い世界の人の死…人の命は同じ…私もコロナで命を奪われるかもしれない…簡単に言えることではないが、けど何かを伝えようとしている気がするのは私だけではないはず、今こそ世界が一つになり、この世界をもっと豊かな社会を未来へ残すために、銃やミサイルを持つのではなく、一人一人が隣や目の前にいる人を助け、助け合いする世界にしようよ、手と取り合うべきなのではないか?私には何もできないが、会社としても、個人としてもSDGsを実践して未来の子ども達のためにできることを、続けることだけ(ゴミ拾い、エコキュップ回収、生ごみを肥料に、そしてできるだけエネルギーを使わない生活)をすること、みんなができることをやりましょう!!一日一ゴミを実践したら365個×70億ものゴミが世界からなくなる。そんな世界になることを願っている(祈)だから私はゴミを拾い続けます。最後まで読んで頂いてありがとうございました。あなたも一緒に一日一ゴミやりましょう!!

子どもの成長…

息子が本格的にサッカーチームに入団したのは小学校3年生の時でした。

まだ体が小さく、リフティングも2~3回しかできなかった…週末は一緒に公園

でゴミ拾いをして、ストレッチしてからランニングをして「よろしくお願いします」

とお互い挨拶してから、練習をスタートしていた。

暑い日も寒い日もずっと続けて…今は5年生になり、体も心も大きくなりました。

先日練習から帰ってきた息子が「お父さんいい事あったよ!リフティングが

150回できるようになったんだ」と言うのです…(涙)できた!の自身がつき

先日の公式戦で久々に出場機会を頂き、なんと「初ゴール」を決めることが

できた!!翌日も途中出場ではあるが、1ゴール1アシストの結果を出した。

息子の口から「みんなが繋いでくれたお蔭…」いつの間にかこんなに成長した

のだと感動して泣いてしまいました。友達も勉強もサッカーも大切にしている

息子から学ばせて頂いております。また公園で練習するのが楽しみだなぁ…

いつまで一緒にボールを蹴ってくれるのか…今を大切に過ごしたい。

誠実に生きる…

出羽国米沢藩9代藩主「上杉鷹山:うえすぎようざん」の誠実さから学ぶ…

鷹山 のやり方が非常に誠実かつ堅実だったからです。
他藩の中には,武士の権力 を用いた 強引 さや傲慢さが目につく
債務処理や改革 もありましたが,鷹山は自ら田に入り, 山に登って雨 請いを し ,商人に学び借金の返済を続け,地道な工夫 や 改革を積み重ねていきました。
も ちろん,鷹山の成功の背景には,彼を支える沢山の人々がいました。
鷹山や藩士たちを導いた,細井平洲をはじめとする学者たち 藩再建に知
恵を絞った幹部たち 同じ目的に向かって自分の持ち場で尽力した中級家
臣たち 半士半農の生活を誇りに感じ藩政・ 藩 社会の土台を守った下級藩
士たち 米沢藩を見捨てず指導し続けた商人たち…。

それでも 彼らの力が引き出され,一つ方向に束ねられ生かされていくためには,やはり優れたリーダーが必要でした。 上杉 鷹山の人柄, あらゆる人や物事に対する姿勢,学問に励む姿 に導かれてこそ,改革は実を結んだと 言 えるでしょう。

鷹山はさらに、学問の大切さを伝え,身内や藩士,そして領民に対してとても教
育熱心でした。

「なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬなりけり」

という言葉は,通常の政務についてではなく,教育についての指示に 添え
られた言葉で す 。

鷹山は,決してヒーローではありません。彼の改革は,天才の偉業などではなく,試行錯誤と努力の連続でした。彼の言動は神がかり的なものではなく,学問に導かれ誠意に溢れた,等身大の人間の姿でした。彼は特別な人格や能力の持ち主ではなく,素直で明るく,感謝に溢れた謙虚な人物でした。

私も一人の経営者としてそして父親として、鷹山のような人物でありたい。

やった人しか分からない…

2020年は、本当に世界の人が忘れられない歴史的な年になった…

コロナで世界中の方々が悲しみ…経済の困窮…オリンピック延期…

そんな中、日本のリーダー安倍首相の辞任が発表された…

様々な意見、そして人それぞれの捉え方があると思いますが…

国のために外交や経済立て直しをよくやってくれたと思います。

その人の立場になってみないと分からない…意見をいうことはその言葉

に責任を持って言うべきだと思います。

小さなコミュニティでも理解をしてもらことも大変なのに…

何事もその立場にならないと分からない…

仙台七夕への思い…

今年はコロナの影響で、日本中の夏祭りが中止になった…

東北三大祭り 「青森ねぶた」 「秋田竿灯」 「仙台七夕」も

中止になり、改めて祭りの大切さや、当たり前の有難味を

感じることができた。仙台に戻って丁度20年になるが、はじめて

七夕飾りを会社で作り飾った…みんなそれぞれの願いや祈りを

書いた短冊…うちの社員はみんな優しい社員ばかり…改めて

みんなに「感謝」しなくてはいけないと感じた今年の夏…

仙台七夕まつりは「祈り」のまつりと改めて気づかされた…

一日もはやく平穏な毎日が過ごせますように(祈)

子どもから学ぶこと…

2020年7月19日(日)で、娘のソフトボール部活が終了した…(涙)
思えば、幼稚園でも小学校でも、運動会はいつも後ろ…そんな娘が
中学校の部活紹介で、キャプテンに憧れて「お父さん、ソフトボール部
に入る」と言ってきてビックリした。
娘はメガネをかけて、ピアノを習っていたので吹奏楽部かと思っていた。
はじめて自分で道を決めた、それがソフトボールとの出会いであった。
中学時代は、厳しくも思いやりのある先生と出会い、一年生の時からレギュラー
で使ってもらい、最初のサインが2アウトランナーなしからのバント(笑)
バットを振れない程の細い体…バットに当てて一塁へ走る姿は未だに
思い出す。
地区予選を通過して県大会に出場することが目標だったが、1年生の時も
2年生の時もサヨナラ負け…最後の3年生はキャプテンとして迎えてHRも
打って大活躍だったが、試合中に大雨…試合中断…流れが変わって逆転
負け…3年間で一度も県大会に出場することができなかった。
その後、第一志望の高校へ入学できて、そこでもソフトボールを続けることを
決めて、最高の監督と最高の仲間と出会うことになった。練習は厳しかったが
本当に頑張って2年生の夏にサードレギュラーをつかみ、迎えた高校総体は
一回戦負け…悔し涙…その後迎えた秋の新人戦に奇跡が起きた!!
一回戦から打ちまくって勝利!二回戦もコールド勝ち!準々決勝で一度も
勝ったことのない強豪校との対決、初回に2点先制して4回までリードして
迎えた5回に4点を返されて4-2で迎えた最終回…先頭バッターがヒット、
2番バッターがセイフティでセーフ、3番バッターはバント…サードアウト、
ランナー1.2塁で4番が粘って内野安打、1アウト満塁で娘が打席へ…
初球高めのボールを冷静に見逃し、2球目の外角のボールを渾身の一打!
ボールは左中間へ…逆転サヨナラ勝ち!!(涙)
子どもたちから最後まで諦めないこころを学ばせてもらいました。
そして高校最後の大会は…コロナで中止…2月~4月まで休校…
部活も休み…それでも毎日素振りとランニングと練習を欠かさなかった。
そして大好きな監督との別れ…娘もチームの仲間も父兄もみんな泣いた…
6月になり代替試合が開催されることが決定して、そこへ向けて練習を再開
そして迎えた7月18日初戦突破!翌日の19日に2回戦で娘はまた満塁で
打席になって、打者一巡のスリーベースヒットを打ってくれた!!
雨の日も毎日素振りをした努力が報われた時だった…そして準々決勝で
あの秋にサヨナラ勝ちした強豪校との対決…最後は負けてしまいましたが、
本当に6年間沢山の人たちに支えられて娘も頑張りました!努力は裏切らない
と良く言いますが、それをまじかに見せてもらって私の方が娘の姿に感動して
娘から沢山のことを学ばせてもらいました。
いままで一緒に夢を見させて頂いて「ありがとう」と言いたいです。